下北沢にあるプラモデルとおもちゃのお店です。

営業時間: 11:00~20:00  
定休日: 水曜日      
TEL: 03-3413-0857 


【予約する】 1/72 ドイツ キングタイガー (ヘンシェル砲塔)


5,830円  4,664円
割引: 20%OFF

  • モデル: FLYFH3019
  • 7 在庫量
  • メーカー: フライホークモデル



~ご予約承ります~
(再入荷予定は05月14日頃です。価格は予価です。)

※ご予約のお客様はこちらをクリックして「ご予約について」の内容を必ずご確認下さい。※

※ご予約の際は「ご予約について」をご了承頂いたものとさせて頂きます。※



種別: プラモデル
スケール: 1:72
入荷日/(最新入荷日): 2021/04/30/()

ティーガーIIの設計概念はティーガーIを踏襲して設計され、車体は更に重装甲、重武装が施されており、V号戦車パンターと同じ傾斜装甲が採用されました。
また、本車の開発はヘンシェル社とポルシェ社に発注され、クルップ社が各社の砲塔を設計しています。初期量産型はポルシェターレットと呼ばれ、曲線の強いデザインで避弾経始に優れていましたが、湾曲した砲塔前面下部に命中した際に、ショット・トラップ(跳弾して防御の弱い車体天板や砲塔リングを貫通する)を生じる為、初期量産型以降の砲塔は直線的なデザインで180mmの前面装甲と円錐型防盾による高い防御力を誇った、ヘンシェルターレットが搭載されます。ティーガーIIの重量は68.5トンから69.8トン、前面装甲は150-180mmの厚さがあり、武装は8.8cmKwK43/2L/71戦車砲を装備しています。
ティーガーIIが戦場に投入された時点で、その重装甲かつ強力な主砲に事実上対抗できる戦車は存在しませんでした。
特に防御陣地に配備された場合は重装甲の効果を遺憾なく発揮しましたが、機動性に乏しく攻勢時は実力を発揮できませんでした。
エンジンはV号戦車パンターやティーガーIと同じガソリンエンジンを流用した為、慢性的な出力不足に悩まされ、燃費の悪さも重なり大戦後半には燃料切れや故障で放棄された車輛の方が多かったとされます。
終戦までの総生産数は500輌満たなかったとされています。


ボーナスパーツとして金属砲身がセットされています。
※画像の赤く着色されたマズル部分と砲身基部は3Dプリンター製パーツです。

カートに入れる:



Copyright © 2021 ホビーショップ サニー